薬漬け猫

花粉真っ盛り
抗アレルギー剤3種類、痒みの神経伝達を抑える薬
花粉のための薬が合計4種類

消化薬と便通の薬が3種類
時々センナを下剤として使う

合間に漢方薬も飲んでる

我にゃがら不健康な生活・・・

花粉はまぁ仕方にゃい
季節物だし
種類が増えるのは猫の花粉症がヒドイのと
抗ヒスタミン剤系が一切効かなくなっちゃったせいもある
ステロイドは懲りたから拒否
なんで、抗アレルギー剤を組み合わせるしか手がにゃい
今年は3種類目の抗アレルギー剤を飲み出すより先に
痒みの神経伝達を抑えるアタラックスPを飲み出しました
この順番の方が当たり
先週まで最後の抗アレルギー剤飲まないで
にゃんとかしのげたもん
雨上がりの8日にさすがにムリと思って
土曜日からエバステル飲み出したけどね

消化薬はできればまた漢方に戻したいにゃー
花粉が終わって気候の良い時期に
だんだん減らしていってみるか?
消化薬に慣れちゃうと
よけい胃腸がナマケモノににゃる気もする・・・

とにかく花粉が終わるまでは
これ以上体調崩さないようにしなきゃいけないから
消化薬3種類使っても
にゃんとか食べるようにしますー
気管支に来るとテオドールに吸入薬と
さらに薬が増えるハメに陥るしー
去年は花粉で気管支までやられて
父の一周忌に行けなかった猫・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック